FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

今日は 通信制高校の卒業式

4年過程を3年で 卒業できることになりました♬
長いようで あっという間に過ぎていったように感じます

中学のある日を堺に 教室という空間が 苦しく感じるようになり
はいることが困難になりました

高校は当然 行くもの
高校資格がなければ 就職さえも困難になると
なんとか高校は出てほしいと 思って
行かそうとしました

娘も何とか 期待に応えようと
頑張ったけれども
どうしようもないほど 苦しかった

何度も何度もチャレンジしようとしていた

とても苦しかったんだろうと今になって
つらい思いをさせてしまったと
深く反省しています

当時は 待つ ということが 出来なかった私

娘の同級生が 次々に 進学 入学 卒業と聞く この季節が
耳を塞ぎたくようになるほど嫌な時が ありました

娘もまた 置いてきぼり感がいつもあり
焦りと不安でいっぱいでした

思ってもいない大怪我のあと
生きていてよかったと思う反面

障害が残り
普通に出来ていたことが
何倍も時間をかけないと出来ない
出来ていたことが できなくなってしまった

それでも もう一度 悩みに悩んだ末
高校に行く決意を固めました

最初 教室に入ると めまいや頭痛 吐き気 色々な症状がでて
1時間で帰ってくることも ありました

保健の先生に ずっと話を聞いていただくこともありました

私もどう接していいのか わからないまま
まだまだ 高校に行かせようという気持ちが強かったように思います

娘は 優しい子であったため
なんとか 両親を安心させたくて
期待に応えようとしていました

自分のためじゃなかった 
それではしんどいに決まってます
 
それでも みるみる痩せていく私を 気遣って 
必死で自分の辛い気持ちを抑えていたのでしょう

私はずっと娘のことを日記に書いていました
それがいつの間にか
自分が幼いころのことを書くようになり
自分の中に 母親に対して 求めていたことが見つかりました

大きく包む 安心感 
いつも笑顔で 包んでくれる
大丈夫 きっと大丈夫といって見守ってくれるお母さんがいてほしいと

何もアドバイスはいらない
私は お母さんはこう思うと
いつも娘に自分の考えを押しつけていたことに気が付きました 

そこから 娘との関係は少しずつよくなり
娘も 自分がどうしたいか
考えて 少しずつですが 前に進むことができました

これからも 不安や悩みはつきないと思うのですが
きっと 大丈夫と 笑って 見守りつづけたいと思います

娘からは 頑張れたのは お父さん お母さんのおかげです
本当にありがとうと ことあるごとに 言ってくれます

卒業 おめでとう♬ 
本当によく頑張ったね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃちゃまむI

Author:ちゃちゃまむI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。